ウッドデッキの経年劣化レポート 耐久性レポ

SPFの耐久性

SPFはウッドデッキ材には向かないといわれています。耐久性が低く、一般的には、よくもって5年といわています。
また、毎年のメンテナンスが必要でかなり面倒だといろんなところで言われています。

ウチのウッドデッキは?

私の場合、ウッドデッキの製作が決定した時点で使える予算が決まっていたので、SPFで製作してしまいました。。。

もちろん耐久性は検討項目のひとつでしたが、何といっても予算がありません。仕方がないので妥協しました。

ただし一応少しだけ注意して、

床材は防腐剤注入のSPF(緑っぽいヤツ)を使いました。

それから、束柱だけは、WRCを使いました。

その後メンテナンスは、少しでも耐久性を上げようと思って年2回くらい防腐塗料を塗布(かなり面倒ですが最近は慣れてきました!?)

さて、実際どのくらい持つのでしょうか???
本当は、ハードウッド使うほうが耐久性は断然いいんですけどね。当時はすごーく値段が高かったので。笑。
今は結構安く購入できますね。。

ウチのウッドデッキの経年劣化の状況

とりあえず、写真で見るのがわかりやすいとおもいますので・・・順次掲載していきます。

さてこれは、約7年経過・・・ 塗装しようとおもって、すべて撤去したところ
ちょっとわかりづらいですが、レンガを置いていたところは若干水分を含んでいて、もしかしたら、内部は腐食が始まっているかも知れません。

緑のところはコケですね。コケ生えると腐食しやすいんですかね・・・

で、いろいろレポートしようとした矢先、雨降ってきました。

続きは別のところで記載予定です(^-^;

ページの先頭へ