ウッドデッキの作り方を中心にご紹介します!
ウッドデッキ自作を小さい庭で実行! 〜ウッドデッキの作り方を紹介します〜

ウッドデッキの
作り方


トップページウッドデッキの作り方ウッドデッキ紹介レポートLinkその他BBSInfo

木材の選び方 〜ウッドデッキの作り方〜

ウッドデッキの材料は??

ここから先のページはウッドデッキを自作するにあたって必要な材料についてお話します。特に選択に迷ってしまう木材や塗料、基礎石、コーススレッドなどについて順番に記載します。

◆木材はどう選ぶ?
当たり前ですが、木材が無いとウッドデッキは作れません。そして一番、選択に悩むのも木材ではないかと思います。

私のような全くの初心者の方だと、ホームセンターに行ってもたくさんの種類の木材があり、何を使っていいのか迷ってしまいますよね。

店員さんに聞くと、たいていSPFと呼ばれる木材を薦めてきます。

なぜかというと、ホームセンターにはウッドデッキ向けの木材はSPFくらいしかないからです。ホームセンターによっては、緑っぽい色の防腐剤を加圧注入した耐久性を増したSPFが置いてある場合もあります。
(※大き目のホームセンターに行けば、WRCを置いているところもあるようですが、作成時2003年、私の周りのホームセンターにはどこにも置いていませんでした。)

さて、店員さんに、話を聞き込んでいくと、SPF(緑色の耐久性を増したSPFであっても)はメンテナンスをせずに外で利用すると、環境が悪いと(雨が乾かないなど)すぐに腐りやすいとのことでした。

そこで、インターネットなどで調べると、シロウトでも扱いやすく、耐久性が確保できる木材としてWRC(ウエスタンレッドシダー)が良く紹介されています。実際に利用されて作成された方も多いです。

さらに最近では通販も充実してきてウリンやイペ、サイプレス、セランガンバツー等々「ハードウッド」と呼ばれるWRCなどよりもはるかに耐久性の良い様々な木材も入手できるようになりました。「ハードウッド」はその耐久性を評価され、公共のウッドデッキではほとんど「ハードウッド」が利用されているようです。最近では、自作でも「ハードウッド」を選択される方も多いようです。

但し、加工が難しく(硬い、重い)、値段が少し高い。経年劣化で「ささくれ」が出ることがある。はだしで歩くような場所には不向きなことがある。等々「ハードウッド」といえども、万能ではありません。考慮する点はいくつかあります。

以上つらつらと書いてしまいましたが、まとめると現在の市場でウッドデッキ自作に利用できる木材には大きく3つの選択肢があり、以下のような特徴があります。

SPF
安価
身近なホームセンターで入手可能
そのため少量なら目視で木材を選別可能
加工性良好
風通しのいい状態で、塗装メンテナンスを行って耐用年数5年〜10年
(なお、2010年時点でウチのSPFデッキは7年目に突入しましたが、今のところ腐る気配はありません。もちろんメンテナンス塗装は毎年一回以上は行っています。)

WRC(ウエスタンレッドシダー)
通販で入手しやすい
耐久性良好 耐用年数:条件がいい場所で、10年〜
加工性良好
初回作成者の利用率高

ハードウッド類
耐久性最高 木材の種類によるが、無塗装で20年以上の耐久性を持つものが多い。
加工性難(固いので、コーススレッド打ち込み時に下穴を開ける必要有り、切断に時間がかかる。)
木のアクが出る場合がある。(コンクリートなどに載せる場合シミになる場合がある。)
ささくれが比較的多い
重い
少々高価
購入は通常通販
標準規格でない場合あり(2×6などのサイズではない場合がある)
種類が豊富なので、気に入った木目、色目の材の選択の幅がある。

ウッドデッキ自作の際に気になるポイントは?

他にも色々考慮するポイントはありますが、大きな選択の分かれ道となる以下の三点について関係を図にして見ました。
・価格
・耐久性(耐用年数)
・加工性 (切断のしやすさ、ネジの下穴が必要かどうか)
※下穴:固い木材は割れやすいのであらかじめネジを打つところに穴を開ける必要があり、この穴を下穴と言います。

ウッドデッキ材料の価格・耐久性・加工性の関係

ウチの場合の木材選択は、、
大量に必要な床材・根太は防腐処理済みのSPF、地面に近いポスト(支柱)はWRCと使い分けました。
ウチの場合は「業者に頼むと価格が高かった。」というのが製作の主な動機で、さらに私の隠し貯金(汗)で作成する。という条件がヨメから提示されていました。
また、メンテナンスもひとつの楽しみとして、壊れたらまた違うデザインのを作り直せばいいや。という考えで、完全にコストを重視した材料選択をしました。
(現在ウッドデッキを自作される方も増えてきたようで、通販でもだいぶ安くなってますね。今なら、ハードウッド選んでもよかったかなぁと個人的には思ってます。)

じゃぁ結局何を使えば??
ウッドデッキを検討されている方は、それぞれウッドデッキに求めるものは違うと思いますので、これが正解!という材料は無いと思います。
ただ、大体こんな感じになるのではないでしょうか?

・コスト最優先で耐久性は無視
→ SPF(但しポストくらいはWRCを利用したいですね)

・業者より安く製作できて、ある程度の耐久性も必要
通常いちばんオススメできる材だと思います。
→ WRC

・多少の作業負荷は製作の楽しみ。できるだけ長く使いたい。コストは多少かかってもOK
→ ハードウッド
初めてであればサイプレスなどを利用するのがよさそうです。

どこで買えば良い?
SPFはホームセンターで買うのが良いでしょう。ただし、防腐処理されているものが必須だと思います。普通のものは塗料塗っても耐久性は良く無いようです。

WRCやハードウッドは通販で買うのが良いでしょう。

なぜ?

まず、店頭であまり売っていません。

通販だと、運ぶ手間が省けます。これがすごくたすかります!これを利用しない手はないかと。笑。
それから、タイミングさえ合えば、送料無料キャンペーンなどもやっています。このキャンペーンを利用すれば送料を安くできる場合もあります。
まぁ作りたいと思ったときが吉日なので、待っていてはいつまで経っても作れなかったりするんですけど、、、

卯之木屋

ハードウッドを直販で安く販売されています。
イタウバネオという最近出てきた材も取り扱っていますね。
香川県の会社のようですので、送料が近辺だと安く上がるという利点があります。

リーベ
WRCだけでなく、様々なハードウッドを取り扱っています。各木材のページの最後の方にそれぞれの木材の特徴が書いてあるのでハードウッドを検討するならココの詳細解説を見ると判断基準にできますよ。木材の写真があるので、木目や色味を確認してみたいかたは是非一度ご覧になってみてください。
ウッドデッキの作成方法の情報もあります

ウチが次に作りなおすとしたら、、、
そろそろ私の体力がなくなってくる年齢になっているとおもいますので、メンテナンス負荷の少ないハードウッドを選択するのではないかなぁ。。。 屋外の非接地で50年程度の耐久があるハードウッドであれば、 作ってから自分が生きている間は問題なさそうですね。笑。



前のページ 10/20 次のページ

企画

イメージ作り
基礎用語の確認
工法について
製作日程を検討

設計

設計図の必要性
設計図の書き方
材料試算の考え方

準備

工具
木材の選び方
塗料の選び方
基礎石の選び方
コーススレッドの選び方

施行

作業の流れ
基礎の設置方法
大枠の作り方
根太の張り方
床板の貼り方
フェンスの作り方
階段・小物の作り方

その他

ウッドデッキ材の紹介
ウッドデッキ材にまよったら・・
耐久性レポート2010
ウッドデッキの経年劣化状況
最近 家を買いました?
3千円あれば少しは足しになるかも