ウッドデッキの作り方を中心にご紹介します!
ウッドデッキ自作を小さい庭で実行! 〜ウッドデッキの作り方を紹介します〜

ウッドデッキの
作り方


トップページウッドデッキの作り方ウッドデッキ紹介レポートLinkその他BBSInfo

塗料の選び方 〜ウッドデッキの作り方〜

塗料はどう選ぶ?

私の場合をお話すると、初めはウッドデッキ作るのに塗料が必要だとは思っていませんでした。木の色を大事にしたいので塗料なんて必要ないよ。と思っていたのです。しかし調べると無塗装の状態だと木材が経年劣化で腐ってしまうとのこと。

じゃぁ。ということで探し始めるとホントにたくさん種類があって、何を選んでいいか分からないですよね。ということで少し解説させていただきます。

大きく二つの種類に分かれます

1、塗膜を作るタイプの塗料
2、木材に浸透して木材が腐るのを防ぐタイプの塗料

で、どっちがいいかというと、ウッドデッキの塗料としては、「2、の木材に浸透するタイプの塗料」を使われる方がほとんどです。また私もオススメします。

理由は、
塗膜を作るタイプだと塗膜にヒビなどが入った場合、雨がそこからしみこみますよね。
で、しみこんだ水分は、塗膜の為になかなか乾きません。
これが木材を腐らす原因のひとつとなりやすいのです。
(ただし、塗膜に伸縮性があり、ひび割れにくい塗料もあるようですのでこの限りではありません。

浸透性塗料ではナニをえらべばいいの?

では、浸透性塗料の中ではどういったものを選べばいいのか?
この浸透性の塗料にも二種類あって「水性」と「油性」があります。

どちらがいいかというと、これも一概には言えませんが、浸透性の高さと耐久性の高さから油性を使われる方が多いようです。
油性の中でよく使われる「キシラデコール」、「オスモカラー」それから、最近開発された「ウッドステインプロ」、それと今私が利用している「インウッド」をご紹介します。

インウッド
ウッドデッキの塗料2この塗料は日本ではあまり知られていませんでしたが、2005年に取り扱いを始めた会社があります。現在ウチではこれを使用し続けています。



ココで買えます→ クオファーム

実際の利用レポートを書いてみました。動画もありますよ!!
インウッド&キシラデコール利用レポート

キシラデコール
ウッドデッキの塗料 キシラデコールこれは私が一番最初に購入した塗料です。(現在はパッケージが変わっています。)
なんといっても知名度No1。使用実績・利用者も多く、カラーも豊富です。
一番無難な選択だと思います。

ちなみに 一緒に写っているのは薄め液(溶剤)です。長時間塗っていると、溶剤が蒸発して粘度が増して塗りにくくなってきます。
なので、油性の溶剤で薄めて使いました。
少しずつ出して使えば別に必要ないかも。。

詳細はこちら

オスモカラーウッドデッキの塗料 オスモカラー
この塗料も定評があります。
特徴は無公害なことが特に謳われています。子供のいる家庭で、ウッドデッキで遊ばすことが多い。という場合は選択肢に挙がるのではないかと思います。 この塗料じゃないと。というファンも多いようです。
私は使用していないので分かりませんが、キシラデコールなどと比べて同量で広い面積が塗れるようです。 その分なのかどうかは分かりませんが、すこしだけ割高ですね。

詳細はこちら

ウッドデッキの塗料 オスモカラーウッドステインプロ
最近開発された塗料で、有名な防腐剤メーカーと、木材メーカーがコラボ開発した塗料です。なんといっても値段が安い!それでいて、性能同等。
たぶん、インウッド対抗という位置づけなのかな。と勝手に想像してます。
ということなので、手持ちの在庫が無くなったら、これ使ってみようと思ってます!

詳細はこちら



前のページ 11/20 次のページ

企画

イメージ作り
基礎用語の確認
工法について
製作日程を検討

設計

設計図の必要性
設計図の書き方
材料試算の考え方

準備

工具
木材の選び方
塗料の選び方
基礎石の選び方
コーススレッドの選び方

施行

作業の流れ
基礎の設置方法
大枠の作り方
根太の張り方
床板の貼り方
フェンスの作り方
階段・小物の作り方

その他

ウッドデッキ材の紹介
ウッドデッキ材にまよったら・・
耐久性レポート2010
ウッドデッキの経年劣化状況
最近 家を買いました?
3千円あれば少しは足しになるかも