コーススレッドの選び方

コーススレッドとは?

コーススレッドとはコーススレッドはいわゆるネジです。
釘だと板や釘自体の浮きが出たり、デッキ上を歩いたりした際に鳴き(きゅっきゅっという音)が出る。などの問題がありました。
一方、従来のネジだと、下穴を空けないと打ち込めないなどの問題がありました。
これらを解消する目的で、ねじ山の目が粗く、細めの芯を持つネジと釘の間の性質として開発されたのがコーススレッドです。

コーススレッド(ネジ釘)はどう選ぶ?

選択のポイントとしては2点あります。
1、材質
2、長さ

コーススレッドの材質

一般的には、さびにくいステンレス製のものが良いと言われています。
理由は 普通の鉄製だと錆びるので、周りの木が赤茶色(さびの色)になったり、それ以上に問題なのが、錆びることでコーススレッドの耐久性が落ち、最悪の場合は時間の経過とともに折れてしまうこともあります。

(送料をプラスしてもホームセンターで買うより安いです。比較してみてください。)

ただし、ステンレス製は打ち込むときに強いねじれの力がかかると折れる(ねじ切れる)こともあるそうです。
ハードウッドを利用する場合は硬質木材用のビスを利用すると良いようです。ハードウッドでの作成を検討されている方は、こちらが良いでしょう。

コーススレッドの長さ

固定するウッドデッキ材の厚さの約2倍あればよい。と一般的には言われているようです。

ウチでは、SPFの2×6材を利用したので厚さは約40mm。ですので、75mmのコーススレッドを利用しました。 途中で、足りなくなって買い足したのですが、そのとき床材の作業中でした。床板は上からの力しかかからないし、固定はそんなにしっかりしなくても、大丈夫なのでは?という考えで、65mmを使用しました。
14年ほど経過しましたが、今のところ何の問題も起こっていません。(2018/1)

コーススレッドを打ち込むにはインパクトドライバー。
工具については以下のページをご覧くださいね。

工具の選択

ページの先頭へ